だいすき!関ジャニ∞&丸ちゃん中心にブログ営業中。 お友達さん募集中!! コメント大歓迎☆
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
悲しいことに。
お久しぶりでっす。
いやはや、文化祭が終わって 今度は考査とこんな時期になりましたか、、、
って、私事ですね。
みなさんもお忙しいと思いますが、これからの夏バテには気をつけましょう!

RAGファンのみなさん、今日のMステはちょっと残念な感じでしたですね。
というのも、TV asahiさん RAGの扱いがちと他のゲストに比べてお悪ぅございませんか?
“トリだよ、トリ。”なんつって喜んでおったのは何だったんですか(怒)
ここで、バリバリ不満をグチッております。

でもでも、RAGリーダーといいメンバーといい なんて腰が低い大人な対応なんだ
(歌う場所を選ばない素晴しい人たちなんだ)、そんなふうに思ったのは我だけでしょうか。
いや、みなさんそう思われたはず!

 次は「音楽戦士」出演ですよ!見逃しちゃいけません。
深夜ですが録ってでもしっかり見ましょう、、、
RAGがテレビに出るなんて、それだけでもうo(^-^)o ワクワクしますね。(;RAGファン心理)

今日は「クロサギ」の最終回だったんですが、毎回録画で今回も録画。
最終回って多少長いんですよね、
おいらはうすうす気づいてたのに延長なんて忘れてて、おまけに新聞のテレビ欄見てなくて
最後の5分がぁぁ~~、、、、
はい、ご想像にお任せします。
悲しいラストを迎えたのはσ( ̄。 ̄) オイラ自身です。
スポンサーサイト
page top
「ダ・ヴィンチコード」に関して

gooブログのテンプレが追加されてましたね、なかなかセンス上げてきましたね。
 おいらが言うのもなんですが。(許してチョ 
 (ってなんでこんなこと言うのか というと、旧ブログではgooユーザーだからさ!)

 今日は今話題に上っている「ダ・ヴィンチコード」に関するお話をお1つ。
「ダ・ヴィンチコード」と言えば、原作は世界各国で大ベストセラーとなった
アノ作品ですね。
「ダ・ヴィンチコード」に対する批評はさまざま。
 日本人にはない宗教感を生まれたときから持っている外国の方にとっては
 この作品のズバリ意味する謎は非常に驚きなわけだ。(そうだよねぇ・・・

おいらもこの作品には、出版直後から興味を持っていた。
 そんなに大問題に発展する内容が書かれているとは知りもせずにさ↓
今では多くの関連DVD・書籍が店頭で見かけられる。
  (母は「ダ・ヴィンチ」という言葉に敏感に(笑)
 こんな風に とっても手に取りやすい話題になってきた。

 おいらはそこで 「ダ・ヴィンチコード」を興味本位でなく、見ているALTの先生の話を
耳にすることに。
 つかみとしてはやはり、みんなが気になっているこのコト。
ALTの先生はアメリカの方で、もちろんキリスト教徒。
あの作品で語られていることは フィクションである、
こう話してくれたのは察しがつくだろう。 おいらも頭の中は うん、うん分かるよ。だった
 オイラたち日本人としての考え方は世界的にどの場合にも当てはまる
 考え方ではない。
 きっと学校の英語の授業で学ぶような範囲を超えて、そのことが理解できそうな問題
 それがρ( ̄∇ ̄o) コレなんだなぁぁと少々足りない脳みそで感じました。

  ダ・ヴィンチが残したとされるこの説が正しいかどうかは おいらのような凡人には
判定できなくとも、あらゆる人の考え方を違った立場だからといって
すぐさま否定したりしたくはない
そう思うのはおいらを含むどなたでもそうだろうと思う。
宗教に絡んだ問題となるととってもその解釈が難しい。
宗教自体を否定するわけでもなし、その地域の生活に根付いてる意識を変えることは 何を意味するかというと その人の心のなかの問題に移り変わってくる。

  端的には言えないけど、感覚としては「ダ・ヴィンチコード」の偉大さが伝わった。
  今回の記事は読まれている方が「ダ・ヴィンチコード」の内容をご存知であることを
    前提にして書きました。あしからず~
   みなさんは、どんな風に「ダ・ヴィンチコード」をとらえましたか?
  ではでは。


© walk on air. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。